15年ぶりに自宅の外壁塗装をしました。

築後15年経過し外壁塗装を考えるように

築後15年経過し外壁塗装を考えるように訪問営業の見積もりが高く一括見積サイトを利用信頼できる業者を選び希望の金額で屋根と外壁の塗装完了

私が現在の家に住んでから、早15年が経過しました。
新築したときはリフォームのことなど全く考えることはありませんでしたが、自宅周辺で我が家と同時期に家を建てた住人が外壁塗装をして見違えるようにキレイになった家を見ると、そろそろ我が家も塗装をし直してきれいにしなければ、と思いながら、ついついそのままにしていました。
一般的に外壁塗装は築10年が目安と言われているのは知っていましたが、それでも外壁塗装をしなかった理由は、ちょうど築10年前後に2人の子どもたちの大学進学が続けてあったためで、入学金と授業料でこつこつ貯めていた貯金が無くなってしまったことによります。
全く無くなった訳ではありませんが、急な出費に備えてある程度は残しておかなければならないため、これ以上の出費は無理と判断しました。

実際にその時点では外壁に関するヒビや割れなどのトラブルもなかったため、それ以降はすっかり忘れていましたが、15年目にしてようやく外壁塗装をしようと思ったのは、リフォーム会社のセールスマンが飛び込み営業に来たことがきっかけでした。
近所の施工をした業者がその周辺の家々を見て回ったところ、我が家が目に付いたとのことです。
そのセールスマンによると、外壁が劣化してヒビ割れや雨だれが出来ている他にチョーキング現象も見られるため早急に塗り替えた方が良いというもので、簡単な見積りならすぐに出せますとのことだったのでお願いしてみました。